エコ住宅とは





エコ住宅とは、自然環境の破壊を極力避けて、人間にも他の生物にも優しい、自然と共生する住宅の事を言います。

自然と共生する住宅とは、大きく3つの役割を担っています。

†自然の力を最大限に生かし、家を作る。
†自然の威力(地震や台風など)に負けない家を作る。
†住む人が健康に生活ができる家を作る。


▼自然と共生する住宅「エコ住宅」とは

「省エネルギーであること」

・採光、空気の動きを考慮した窓の配置などによって、寒さや暑さを感じることなく、冷暖房に掛かる経費(エネルギー)を削減する。
・雨水をタンクに貯め、トイレを流す水や庭の散水などに活用する。
ソーラーパネルなどの太陽光を利用した発電システムを床暖房、給湯に利用する。
・屋根や壁面の緑化による夏季の防暑、採涼効果、冬の防風効果。

「住宅の長寿命化」




続きを読む

(C) 2013 生活費節約術